地上に立つのはたいへんだ

なんとなく思ったままつぶやきます。

Kim Gordon氏の著書、『Girl in a Band』を読んだ!

はじめまして。

 

わたくし古くから彼女のファンでありましたが先日タイトルの本『Girl In a band』を読んでいたところとても懐かしいページがありましたのでご紹介しようと思います。

 

ぱらぱらっとこの本、おおむね彼女の思い出について書いてある自伝のような本ですが、

なんだかとっても懐かしかったのが  47  ''Cotton Crown''  という章。

 

これ、昔彼女が昔やっていたバンドの曲ですが、なにか特別な思いがあるのか47章はまるまるこの曲の歌詞だけがのせてあります。

 

実際曲を聞いたことがある程度で詩には初めて目を通しましたがこんなすごい詩を彼らら歌っていたんだ・・と思わされる内容!

 

なにかドラッグでもやっているかのような浮遊感。

 

天使はちゃんときみについてくれてるよ。というささやき。

 

彼らのホーム、ニューヨークに対しても

「New York City is forever kitty」

と表現する可愛らしさ。

 

 

キムにとってこの曲はよき日の思い出だったのでしょうか。

 

懐かしい名曲を思い出させてもらった一日でした。

 

 

 

''Cotton Crown''

    Love has come to stay in all the way

    It's gonna stay forever and every day

    It feels like a wish coming true

    It feels like an angel dreaming of you

    Feels like heaven forgiving and getting

    Feels like we're fading and celebrating

    You got a carnal spirit spraying

    I'm gonna laugh it up

    You got a cotton crown

    Gonna keep it underground

    You're gonna take control of the chemistry

    And you'regonna manifest the mystery

    You got a magic wheel in your memory

    I'm wasted in time and I'm looking everywhere

    I don't care where

    I don't care where

    Angels are dreaming of you

    Angels are dreaming of you

    Angels are dreaming of you

    Angels are dreaming of you

    New York City is forever kitty

    I'm wasted in time and your're never ready

    Fading fading celebrating

    I got your cotton crown

    I got your cotton crown

    I got your cotton crown

    I got your cotton crown

    I got your cotton crown

    I got your